ゴスペルソング

ゴスペルソング

昔懐かしい ゴスペルソング


〈忘れないで〉


1忘れないで いつもイエス様は きみのことを見つめている

 だからいつも 絶やさないで 胸の中のほほえみを

 

2だけどいつか はげしい嵐が きみのほほえみ吹き消すでしょ

 だからいつも 離さないで 胸の中のみことばを


3忘れないで 悲しみの夜は 希望の朝にかわることを

 だからすぐに 取り戻して いつものきみのほほえみを




まもなくかなたの

1まもなくかなたの 流れのそばで

 楽しく会いましょう また友だちと


*神様のそばのきれいな きれいな

 川でみんなであつまる日の ああなつかしや


2水晶よりすきとおる 流れのそばで

 主を賛美しましょう みつかいたちと

*くりかえし


3銀のようにひかる 流れのそばで

 お目にかかりましょう 救いの君に

*くりかえし


4よいことをはげみ 流れのそばで

 おうけいたしましょう たまのかむりを
*くりかえし







〈みんなで花園〉


☆みんなで花園造ろう 花を咲かそう

 世界の人にみ神の 愛の花ささげましょ

・福音の種をまこう 花を咲かそう

 まごころこめて 十字架のみ言をつたえましょ

・み神は世人を愛し 一人のみ子をばくだし

 救いの道を 備えてくれた

 ☆繰り返し


・雨の日も種をまこう 花を咲かそう

 風の日も種をまこう み言を伝えましょ

・悪魔のいばらが生えてつらいときも

 力を合わせ十字架のみ言を伝えましょ

・やがては光かがやく実りの季節となって

 喜びのうた わきあがるのだ

 ☆繰り返し






〈ヨルダン川こえて〉


1ヨルダン川こえて 向岸へ行こう

約束のみ国へ 共にゆこう

まもなくこの世の旅路は終わるだろう

毎日まつばかり あの日を待つばかり

よあけの輝く時を


*光はあの岸辺に 自由もあの岸辺に

 しあわせもあの岸辺に ああ若草もあの岸辺に

やすらぎもあの岸辺に 涙をふいて共に行こう


2ヨルダン川こえて 向岸へ行こう

 化石の街捨てて 共に行こう

 ためらい捨てましょう

 勇気を出しましょう

 主イエスを頼りましょう

 賛美を捧げましょう

 友よあの岸へ行こう

*くりかえし





〈歌い続けよう主の愛を〉


1主イエスの深い愛に触れて 私にも愛が生まれ

 主イエスを信じた時から 私にも歌が生まれた


*いつまでも 歌い続けよう 主の愛の広さ深さを

 十字架に命を捨てた その愛の大きさを


2人知れず悩む心にも 試みに喘ぐときにも

 主の愛の不思議な力で よろこびの歌が生まれる

 *


3主イエスに全てをゆだねて 心に平和が宿り

 主イエスと共に歩く 身によろこびの歌が絶えない

 *






昔懐かしいゴスペルソング
世界基督教統一神霊教会の神様大好きおばさん
世界基督教統一神霊教会について
私の好きなゴスペルソング